Just another WordPress weblog

ドラッグストアで、薬を購入するとき

最近、ドラッグストアを街でたくさん見かけるようになってきました。駅の近くにドラッグストアがあることも多く、ドラッグストアはとても身近な存在になっていると思います。薬や化粧品、日用品などが販売されているので、ドラッグストアを利用したことがある人も多いと思います。2009年6月薬事法が改正されました。ドラッグストアでも薬は購入できます。ですが、そのとき薬剤師からの説明を受けてから購入することになったのです。薬剤師さんを通して購入することになったので、素人が薬の判断をせずに、知識を持った人があった薬を提供することになったのです。ドラッグストアで薬を購入しようと思ったときに、誰が使うのか、どんな症状で悩んでいるのかといったことを説明することになります。それにあったものを薬剤師さんがたくさんある薬の中からピックアップしてくれるのです。自分で選ぶとき、何を基準に薬を選んでいいのかわかりませんよね。知識を持っていないと値段だったり、見た目だったり、適当に選んでしまいがちです。薬というのは、口の中に入れるものが多いので、自分にあっているかどうかはとても大切なことです。薬を購入し、飲むことになったとしても、薬剤師からの説明のもと、購入してきた薬だったら、安心感はやっぱり大きいと思います。近所の南町田病院の求人者である私の友人も、薬事法についてはかなり勉強しているみたいですからね。病院に行かずに薬が購入できるようになったのは、毎日忙しくて病院に行く時間がないという人にもかなり大きなメリットだといえると思います。