Just another WordPress weblog

ドラッグストアの薬販売について

ドラッグストアで第1類医薬品が販売されるようになって、大変便利になりました。それまでは、比較的効能が高く、副作用が心配されるような薬は、一般のドラッグストアでは販売されていませんでした。そのため、効き目の高い薬を手に入れるためには、病院に行って、診察を受けなければなりませんでした。病院や診療所に行くことは、忙しい人たちにとって、大変面倒なことです。ほとんどの病院や診療所は、平日の午前中と夕方、土曜日の午前中が診察の受付時間です。平日は仕事が終わってからでは、診察時間に間に合いませんし、土曜日は他の用事があったり、混んでいる場合が多いので、行くのが困難になります。また軽い症状の場合は、病院に行くことで、重度の病気に感染してしまうことがあります。看護師さんにとっても患者さんにとってもそれは悩みの種になります。だけでなく特に子供の場合は、それが心配されます。私はこのような理由で、ドラッグストアで第1類医薬品が販売されるようになったことを、本当にうれしく思っています。薬の副作用を理解しないで薬を購入し、飲用してしまうおそれがあるので、ドラッグストアでの薬の販売は禁止すべきだとの声も一部にあるようですが、ドラッグストアには、常駐の薬剤師さんがいらっしゃいます。第1類医薬品を購入しようとすると、必ず薬の効能や副作用の説明をきちんとして下さいます。病院や診療所に行くことが困難な人たちにとって、とてもありがたいシステムなので、これからも政府の規制緩和により、生活の利便性が高くなることを望んでいます。